目標を設定する際に「S.M.A.R.T.」をチェックできるインターフェース

目標管理ツールのLifetickでは目標を設定する際に「S.M.A.R.T.」のチェックリストがついています。 ↑ 下の部分ね。 目標はなんとなく立てるのではなくて、こうして実現可能性が高まるように工夫しておきたいですよね。そのためのチェックリストをこの画面で提供するのは良いアイデアだと思います。 実際に動いている様子はLifetickでご確認ください。 » Lifetick

ダウンロードリンクにマウスオーバーするとファイルの詳細情報がポップアップ

先日に引き続きPanicのサイトから。ここではいろいろダウンロードできますが、ダウンロードリンクにマウスオーバーするとファイルの詳細情報がポップアップします。 ↑ このリンクにマウスオーバーすると・・・。 ↑ こんな感じで何をダウンロードしようとしているかが分かります。 ダウンロードする前にこうした情報は知っておきたいので便利ですよね。マウスオーバーしなくちゃ見えないってのはどうよ?という議論もあるでしょうが、ちょっと変わった視覚効果が欲しい、という人は参考にされてはいかがでしょうか。 実際に動作している様子は以下からどうぞ。 » Panic – Coda – Purchase Coda Instantly

「ダウンロードしたいアプリケーションをここにドラッグ」というインターフェース

こじゃれたソフトウェアがいろいろダウンロードできるPanicのインターフェースがちょっとユニークです。 メニューの横に大きな矢印があるのですが、そこには「ダウンロードしたいアプリケーションをここにドラッグ」との説明が。 ↑ これ。 お、まじ?と思ってドラッグしてみる。 ↑ こんな感じで。 すると・・・。 ↑ ダウンロードが始まった! 説明なくいきなりダウンロードってどうよ?と思わないでもないですが、他ではあまり見ないインターフェースですよね。「貼り付けたい動画のサムネイルをドラッグしてコードを取得」なんてのには使えそうかな、と思ってみたり。 実際に動作している様子は以下からどうぞ。 » パニック・ジャパン – ショッキングなほどに優れた Mac ソフトウエアをあなたに。

フリーウェアでもシェアウェアでもない「ケアウェア」

ソフトウェアの使用条件にはフリーウェアやシェアウェアがありますが、Kolorooは「ケアウェア」という新しい(のかな?)概念を提唱しています。 ↑ なんだか微笑ましいアイコン。 で、この「ケアウェア」、次のように説明されています。 This software is careware. It’s free. That’s right, free … with one tiny catch (isn’t there always). Before you download it, you must agree to do something nice for someone. 超訳すると「無料だけど、ダウンロードするかわりに誰か他の人に親切にしてあげてね」という条件です。ダウンロードされるたびに世界に明るい話題が一つずつ増えていく、という素晴らしい試みですね。 ちなみにKolorooのサイトにはダウンロード数がこんな感じに表示されていてこちらも素敵。 ↑ こんな感じ。微笑ましい。 ソフトウェアだけじゃなくて、ウェブサービスでもこういう仕組みがあってもいいですね。 » Koloroo – Interactive Color Scheme Software for iPod, Windows Mobile, …

コメントしているユーザーのレベルがわかるインターフェース

インターネットテレビサイトのCurrentを見ていたら、コメントしている人のアイコンになんだか変なものが。 ↑ これ。 なんじゃ、こりゃ?と思い、ユーザープロフィールを見てみたら理解しました。どうやらユーザーの貢献度をグラフにしたもののようです。 ↑ 各分野においてどういう活動をしてきたか、ということですな。 細かいですが、これはわりと良いアイデアなのでは。コメントは同列に並んでいるとどれも同じように受け止めがちですが、本当は「コメントを評価する」ことが大事ですよね。コミュニティに貢献している人からの意見はきっちり聞きたいでしょうし。 コミュニティサイトを運営されている方はちょっと検討してみても良いのかも・・・かな。 » news // current

FacebookがWindowsみたいになっていた

最近1億人ユーザーを越えたというFacebookですが、新しいインターフェースに移行しましたね。今回目立つのはなんといっても左下の「Startメニュー」っぽいもの。Facebookは追加するアプリが多くなるので、こういうインターフェースもありかもしれませんね。 ↑ Windowsっぽいですな。 すでに多数のユーザーを抱えるFacebookだけに、他のネットサービスもこのインターフェースを採用してくるかが注目されるところです(まぁ、ちょっとだけw)。今後の動向を見守りますかね。 » Facebook | Home

ログの続きがあることが直感的にわかるインターフェース

ビジネスチャットのCampfireですが、過去ログをさかのぼってスクロールしていくとログの下の部分が半透明になります。とんでもなく細かいですが、「まだ下にもログがあるよー」ということがわかっていいですね。 ↑ こういう細部の作りこみがさすが。 こういうインターフェースはログ部分だけをフレームかなんかにしてスクロールバーがすぐ横に出て、というものが多いと思いますが、Campfireは違うようですね。 スクロールバーは画面右だけに現れるので操作があっちいったりこっちいったりということがなくて素敵です。どうやってんだろな、これ。 実際に動いている様子は以下からどうぞ(会員登録が必要ですが)。 » Business group chat, file sharing, group decision making: Campfire

プロフィールを更新したらメールでお知らせできるインターフェース

LinkedInではプロフィールの更新画面に「Forward this profile」というのがありますね。 ↑ これ。 これを使うと「プロフィール更新したから見てねー」というメールを送ることができます。 ↑ こんな感じで。 よくこういう機能はTwitterと連動したり、友達のトップページに出るようになっていたりしますが、明示的にメールで送れる機能がついていても悪くないですね。更新を知らせたい人に限ってそのサービスにあまりログインしていなかったり、Twitterを使っていなかったりしますものね。 細かいですが、メールできっちりお知らせする機能は要所要所に必要かな、と思いました。 » LinkedIn: Send Your Updated Profile

会員登録からログインまでが瞬速のTimelopeのインターフェース

ブラウザ履歴を共有できるTimelopeですが、会員登録からログインまでがちょっぱやです。なんと登録時のユーザー名をいれるとそれがすぐに右上のログインボックスに反映されます。しかもパスワードまで! ↑ 登録しながらログインフォームを埋めている感じ。 やりすぎなような気がしないでもないですがw、会員登録したらすぐに試したいもの。ありといえばありのインターフェースですね。

Windowsっぽいユーザーログイン画面のインターフェース

ブラウザ上でタイムシートを管理できるClockspotですが、ユーザーのログイン画面がWindowsっぽく作られていてユニークです。 ↑ ユーザーの一覧。 ↑ 選択するとぐぐっとせりあがって・・・。 ↑ ここでログイン。 ユーザー数増えたらどうすんだろ、とか疑問がないわけではないですが、ギミックとしてはおもしろいですね。ユーザー数が限定された状況で使ったり、その他のシーンでインターフェースの候補にしてもいいですね。 実際に動作している様子は以下からどうぞ。 » Clockspot – Clockspot Demo Login Page