お得感を演出する

サイト上で懸賞キャンペーンをやることはよくある(かのYouTubeも最初のビデオを集めるためのiPodを配ったのだ)。 そんなときはPollDaddyのように「切り取り線のメタファー」を使うのも一つの手であろう。 「切り取り線」は「クーポン」を連想させ、「クーポン」は「お得感」を連想させる。 お得感を演出するには切り取り線。ちょっと覚えておいてもいいかもですね。

newsingのカレンダーエフェクト

ソーシャルニュースサイトのnewsing。カレンダーから日付を選んだときのエフェクトがなかなかユニークです。 以下のアニメーションがわかりやすいかな。 画面にオーバーレイしてさまざまなエフェクトをかけるのが流行していますね。 カレンダーに限らずこういうエフェクトはまだまだ開発できそうですね(あまり多用してもちょっとアレですけどね)。

タイムゾーンを入力させない方法

最近のウェブサービスのトレンドは「シンプル」。そのためにはユーザーの入力項目は極力少なくしたいものです。 そういう意味でちょっと参考になるのが「Oh, Don’t Forget…」です。 » Oh, Don’t Forget。指定した日時にリマインダーを送ってくれます。 このサイト、シンプルなリマインダーサービスなのですが、タイムゾーンを入力しなくても世界中どこからでも指定した時間に届きます。 その秘密はJavascriptのgetTimezoneOffsetメソッド。 次のようなスクリプトでローカルPCの設定時間を取得し、標準時からの時差を計算しています。 <script type="text/javascript"> Now = new Date(); tzOff = Now.getTimezoneOffset (); tzOff = tzOff/60; </script> あとは実際にリマインダーを送るときにこの時差を調整すればいいだけですね。 ウェブサービスであれば世界中どこからでも使いたいもの。こうしたテクニックは覚えておきたいですね。