プロフィールを更新したらメールでお知らせできるインターフェース

LinkedInではプロフィールの更新画面に「Forward this profile」というのがありますね。 ↑ これ。 これを使うと「プロフィール更新したから見てねー」というメールを送ることができます。 ↑ こんな感じで。 よくこういう機能はTwitterと連動したり、友達のトップページに出るようになっていたりしますが、明示的にメールで送れる機能がついていても悪くないですね。更新を知らせたい人に限ってそのサービスにあまりログインしていなかったり、Twitterを使っていなかったりしますものね。 細かいですが、メールできっちりお知らせする機能は要所要所に必要かな、と思いました。 » LinkedIn: Send Your Updated Profile

タイトルにView数を添えて人気コンテンツをアピールする手法

Gizmodoブログではタイトルの横にその記事のView数を載せています。 View数を載せているブログは、最近海外を中心によく見かけます。 View数を表示することで人気の記事をアピールすることができますし、記事に説得力を持たせることもできますね。 Youtubeでも動画ごとのView数を表示していますし、人気コンテンツの指標としてView数は重要です。 Gizmodoもメディアブログ、見てもらってナンボの世界ですし、View数をかなり意識しているのではないでしょうか。 ただ、動的ファイルじゃないと実装が大変そうですね。 » Gizmodo

耳にもサイトのアピールを『Amie Street』

このサイトってどういうサイトだろう?というときに見るのがサイトの説明ページ(「About」ページ)ですが、ひたすら文章を追っていると耳が寂しくなるもの。 音楽配信サイトのAmie Streetでは、そんなときに耳も満足させてくれる説明ページを置いています。 » Amie Street 目を動かしている間、耳で音楽を楽しもう!という小粋なはからいです。もちろん音楽サイトならではの仕掛けですが・・・。 なお、このサイト自体結構おもしろくて、ダウンロードされた数によって0から98セントまでその音楽の値段が変動するというサービス。 つまりコミュニティが音楽の値段を決めているサイトですね。 『音楽は無料だと無名のままだけど、98セントだと私たちは発見することができる』というポリシーの元運営されているみたいです。 ・・・と、サイトの説明を読んでる合間にもサイトで扱っている音楽を聞くことができ、使ってみる気にさせる楽しい工夫でした。

ダウンロード数を増やすためのちょっとした仕掛け

どのプラットフォームでもcodec無しでいろいろな形式の動画を再生できるVLC media player。無料でもあり、なかなか便利です(百式管理人はDVD再生にこれを使っていると言ってました)。 » VLC Media Player さてそのVLC media playerのページですが、その人気ぶりが一発でわかる仕掛けがしてあります。 なんとリアルタイムにダウンロード数がカウントされています(その様子は下記の動画をどうぞ)。 これだけ頻繁にダウンロードされているのを見ていると、自分もダウンロードしたくなっちゃいますね。 さらにOSごとの細かい統計も見ることができます。 他の人も使っているよ、とアピールすることでダウンロード意欲をそそるうまいマーケティング方法かもですね。 » VLC media player

“超”お手軽プロモーション @ YouTube

最近以下のようなYouTubeコンテンツを見かけるようになりました。 注目すべきはタイトル。視聴数の多いYouTubeの動画のタイトルに直接宣伝したいURLを入れています。 よく映像を編集して映像の最後にURLを出したりする手法もありますが、こちらのほうがお手軽ですね・・・。最後まで動画を見てくれるかもわかりませんし。 言われてみればそれだけですが、こういう当たり前っぽいけれど誰もやらなかったことをはじめる発想ってすごいですよね。